2005年10月26日

髑髏と語る

荘子bc369-bc286
soushi

「荘子」(43)

<髑髏と語る>
荘子が楚に旅をしたとき、髑髏(しゃれこうべ)を
見つけた。そこで尋ねかけた。
「君は、生をむさぼり理を失ってそうなったのか。
それとも亡国の戦陣に倒れたのか。それとも悪事を
はたらき父母妻子に恥辱を残すことを恥じてそうな
ったのか。それとも飢え凍える災難にあってそうな
ったのか。・・」
話終わると、その髑髏をひきよせ、それを枕にして
横になった。


panse280
posted at 20:19

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字