2004年07月23日

哲学のおわりーニヒリズム

ニーチェ1844-1900
Friedrich Nietzsche

「最後の哲学者」

ニーチェは、神ではなく、哲学を葬った。
その置き土産を、ニヒリズムという。
ニヒリズムを解決する哲学はないのだ。
だから、ニーチェは発狂した。

善悪の彼岸

ツァラトウストラはこう言った

ニーチェの”大傲慢”は、”葉隠”(山本常朝)
に通じる。しかし、葉隠には、ニヒリズム
という病が発病しないシステムを持っている。
そのシステムとは、”死ぬことと見付けたり”
である。

<悪とは何か>
 「悪とは、弱さに由来するすべてのもの」


<精神の肉体化>
「或る人がものを考えること多く聡明である
と、顔だけでなく、身体まで利巧そうな様子に
なる」


panse280
posted at 11:32

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. コンプライアンスの彼岸  [ いんちょー奮闘記 ]   2005年01月30日 16:02
こんにちは、TBさせていただきます。 ”ニーチェ” 人それぞれ受け止め方は異なるものの 深く考える時間を与えてくれるという点については共通ですよね。 誰にでも訪れる思春期の虚無感から解放してくれたのが、僕の場合、ニーチェ だった。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字