2004年07月19日

侘の本意ー南方録

千利休1522-1591
rikyu sen

「南方録」


<侘の本意>
「侘(わび)の本意は、清浄無垢の仏
世界を表して、この露地草庵にいたりて
は、塵芥を払却し、主客ともに直心の
交なれば、規矩寸尺、式法等あながち
に云ふべからず。火をおこし、湯をわか
し、茶を喫するまでのことなり。」


南方録

<わび茶の心>
「紹鴎、わび茶の湯の心は新古今集
の中、定家朝臣の歌に

見わたせば花も紅葉もなかりけり
浦のとまやの秋の夕ぐれ

この歌の心にてこそあれと申されし
となり。花紅葉はすなわち書院台子
の結構にたとへたり。その花もみじ
をつくづくとながめ来りて見れば、
無一物の境界、浦のとまやなり。
花紅葉をしらぬ人の、初よりとま屋
にはすまれぬぞ。ながめながめてこそ
、とまやのさびすましたる所は見立た
れ。これ茶の本心なりといはれしなり。」


panse280
posted at 09:55

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字