2004年07月03日

学問のすゝめ

福沢諭吉1835-1901
yukichi fukuzawa

「学問のすゝめ」


「天は人の上に人を造らず人の下に人を造らずと言えり。
されば天より人を生ずるには、万人は万人皆同じ位に
して、生れながら貴賎上下の差別なく、万物の霊たる
身と心との働きをもって天地の間にあるよろずの者を
資り、もって衣食住の用を達し、自由自在、互いに人
の妨げをなさずして各々安楽にこの世を渡らしめ給う
の趣意なり。

学問のすすめ

されども今広くこの人間世界を見渡すに、
かしこき人あり、おろかなる人あり、貧しきもあり、
富めるものあり、貴人もあり、下人もありて、
その有様雲と泥との相違あるに似たるは何ぞや。
その次第甚だ明らかなり。
実語教に、人学ばざれば智なし、智なき者は愚人なり
とあり。されば賢人と愚人との別は、学ぶと学ばざると
に由って出来るものなり。

また世の中にむつかしき仕事もあり、やすき仕事もあり。
そのむつかしき仕事をする者を身分重き人と名づけ、
やすき仕事をする者を身分軽き人という。
すべて心を用い心配する仕事はむつかしくして、
手足を用いる力役はやすし。
故に、医学、学者、政府の役人、または大なる商売をする
町人、数多の奉公人を召使う大百姓などは、
身分重くして貴き者というべし。

身分重くして貴ければ自ずからその家も富んで、
下々の者より見れば及ぶべからざるようなれども、
その本を尋ぬればただその人に学問の力あるとなき
とに由ってその相違も出来たるのみにて、
天より定めたる約束にあらず。

諺に云く、天は富貴を人に与えずしてこれをその
人の働きに与うるものなりと。
されば前にも言える通り、人は生まれながらにして
貴賎貧富の別なし。
ただ学問を勤めて物事をよく知る者は貴人となり富人と
なり、無学なる者は貧人となり下人となるなり。」

panse280
posted at 23:57

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字