2004年06月29日

アートの終焉、そして利休への道(2)

鈴木大拙1870-1966
zaisetsu suzuki

「アートの終焉、そして利休への道」(2)

<昨日の続き>
トマソンは、日本的なものであり、その
精神は”利休への道”につながった。
では、利休への道とは、具体的にいかなる
道であろうか。



禅と日本文化

<「貧困」の信仰とは>
「貧しいということ、すなわち世間的な事物、
富・力・名に頼っていないこと、しかも、その人
の心中には、なにか時代や社会的地位を超えた、
最高の価値をもつものの存在を感じること、これが
”わび”を本質的に組成するものである。・・・・

「貧困」の信仰、おそらくは日本のような国には
極めてふさわしい道である。
西欧の贅沢品や生活の慰安物がわが国を侵す
ようになっても、なお、”わび”道に対するわれわれ
の憧憬の念には根絶し難いものがある。

知的生活の場合でも、観念の豊富化を求めない
し、また、派手でもったいぶった思想の配列や
哲学大系のたてかたも求めない。
神秘的な「自然」の思索に心を安んじて静居し、
そして環境全体と同化して、それで満足すること
の方が、われわれ、少なくともわれわれのうちの
ある人々にとって、心ゆくまで楽しい事柄なので
ある。」

<利休アートとは>
「美とはかならずしも形の完全を指していうの
ではない。この不完全どころか醜というべき
形のなかに、美を体現することが日本の美術家
の得意の妙技の一つである。
この不完全の美に古色や古拙味(原始的無骨さ)
が伴えば、日本の鑑賞家が賞美するところの
”さび”があらわれる。」

”さび”は、利休アートである。
それは「貧困」の信仰である。
そしてそれは、地球に優しい美学である。
禅と芸術は一体である。

「貧」には、無限の豊饒がある。
「貧」の表現こそ、来るべきアートであるだろう。
果たして、欧米が「貧」という最高の価値に
気づくのは、何百年後になるのだろうか。


panse280
posted at 23:14

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字