2005年08月30日

世渡り五ヶ条

孔子bc552-479
kohshi

「論語」(28)

<世渡り五ヶ条>
子張、孔子に仁を問う。
子のたまわく、
能く五つの者を天下に行うを仁と為す。
これを請い問う。のたまわく、恭寛信敏恵なり。
恭なれば則ち侮られず、寛なれば則ち衆を得、
信なれば則ち人任じ、敏なれば則ち功あり、
恵なれば則ち以て人を使うに足る。

子張が孔子に仁とは何かと尋ねた。
孔子が言った。
次ぎの五つの行いが出来れば仁といえる。
恭(うやうや)しく、
寛(おおらか)で、
信(まこと)があり、
機敏で、
恵み深い。
恭であれば、侮られることはなく、
寛であれば、人望が得られ、
信があれば、頼りにされ、
敏であれば、仕事がはかどり、
恵であれば、上手に人が使える。


panse280
posted at 19:29

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字