2005年07月27日

町工場こそ日本の宝

橋本久義1945-
hisayoshi hashimoto
岡野雅行1933-
masayuki okano

「町工場こそ日本の宝」(1)

<中国との取引が教えてくれる日本の特殊性>
日本のメーカーが、中国の会社と取引する場合「最初は
いいのだが・・・」という話を聞くことが多い。
しかし、日が経つうちに、いろいろな問題が起こってく
る。そのとき「お前さん、ちょっとダメなんじゃないの?」
と言い始めたとたんに、中国の会社との取引はダメになって
しまうことが多い。
日本なら相手のことも考えて、少しは我慢もするが、中国人
は絶対我慢などしない。明々白々、非のうちどころのない
証拠があっても「知らぬ存ぜぬ、お前のせいだ」ということ
になってしまう。
「そこはほうとうに日本人の想像を絶する。」
欧米の人は、そういう人に対して「お前が悪い」「お前が
悪い」「お前が悪い」と一日でも相手と言い争うような、そ
ういうバカらしいことができる。だが日本人にはこれができ
ない。
火を見るよりも明らかな証拠があるのに、それを否定する人
間に対しては、返す言葉がなくなってしまうのである。
そして、「こんなバカと話しているんだったら、ほかの仕事
をしよう」というふうに思ってしまうのである。
そうすると、相手はまた図に乗るのである。

町工場こそ日本の宝

panse280
posted at 19:59

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字