2005年07月26日

マチスの色

赤瀬川原平1937-
genpei akasegawa

「運命の遺伝子UNA」(2)

<マチスの色>
「マチスの絵の色は、研究しながら、究めた色、という
感じがしないでもない。いやそういう感じがする。何も
考えずに、ふわっとした気持で自然に出てきた色、とい
う感じではない。何か非常に論理的な色、という感じが
する。」

<健康>
「人間、余裕ができて、しかも燃えるものがない、とい
う状態がいちばんいけない。エネルギーが空回りして、
必ず健康路線を外れる。いまの青少年の状態と同じ。
それよりは貧困の中で燃えている方がよほどいい。」


panse280
posted at 23:26

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字