2005年06月10日

是々非々

モンテーニュ1533-1592
Michel Eyquem de Montaigne

「エセー」(104)

こんな簡単なこと、と思うかもしれないが、是々非々を
言える人は殆どいない。まず、マスコミは全滅である。
過ちを一つも犯さない人はいない。しかし、人は一つの
過ちを犯した人を抹殺する暴挙にでるのである。

<是々非々>
「泥棒でも美しい脚をもっていると言ってはいけないだ
ろうか。娼婦だからと言って、息が臭くなければならな
いだろうか。・・・人々は、ある弁護士を憎み出すと、
その翌日はその弁舌までを下手だと言う。・・・
私なら、こう言いきることができる。「あの人のあの行
ないは悪いが、この行ないは立派だ」と。」


panse280
posted at 20:27

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字