2005年06月09日

いらないもの

モンテーニュ1533-1592
Michel Eyquem de Montaigne

「エセー」(103)

<いらないもの>
「ソクラテスは町の中を多くの富や宝石や高価な調度類が
豪華な行列を作って運ばれてゆくのを見て「私はずいぶん
多くのものを欲しがらないものだな」と言った。」
(キケロ「トゥスクルム論議」5-32)

<欲望の幾何学>
「われわれは欲望と所有を拡げれば拡げるほど、運命と災
禍の打撃にさらされる。
われわれの欲望の競走場は、われわれにもっとも身近な安
楽の狭い場所に制限されなければならない。そしてさらに、
その走路は別のところで終点になるような一直線のもので
はなく、円形で、その両端が狭い円周をえがいたあとに、
われわれ自身の中でふたたび合わさって終わるものでなけ
ればならない。
このような回帰、つまり、近い確実な回帰にない行為は、
吝嗇家や野心家などが直線上をまっしぐらに走る行為と同
じく、間違った、病的な行為である。」


panse280
posted at 20:15

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字