2005年06月03日

娼婦ライス

モンテーニュ1533-1592
Michel Eyquem de Montaigne

「エセー」(97)

<娼婦ライス>
「娼婦のライスはこう言っていた。「あの方々はどんな
書物を書き、どんな知恵をもち、どんな哲学をお話しに
なるかは存じませんが、他の人々と変わりなくしばしば
私の門をたたきます」と。」
(ゲヴァラ「書簡集」1-263)

<宴会の心得>
「おまえが許す範囲内で羽目をはずして満足する者は一
人もない。」(ユウェナリス)


panse280
posted at 21:55

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字