2005年05月23日

問題は、誰がそれを言ったかである

モンテーニュ1533-1592
Michel Eyquem de Montaigne

「エセー」(86)


<問題は、誰がそれを言ったかである>
「私は毎日、いろいろの著者の著作を読みふけっているが、
彼らの知識は問題にしない。内容ではなく、話し方を求める
からである。私が誰か有名な精神の持ち主との交際を求める
のは、彼からものを教わるためではなく、彼を知るためであ
るのと同じ事である。
真理にかなったことを言うことは誰にもできる。だが、秩序
正しく、賢明に、上手に言うことは、わずかの人にしかでき
ない。
だから、無知からくる誤謬は私を怒らせない。私を怒らせる
のは、へまさ加減である。」


panse280
posted at 21:26

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字