2017年11月30日

近年日本の食文化の流れ

「昭和50年の食事で、その腹は引っ込む」」(6)
--1975年の日本食が理想の食事--
都築毅  1975-
tuyoshi tuzuki

2015.1.20 第1刷発行(講談社+α新書)

<食文化の流れ>
1960年の食事は、米は現代の2倍を食っていて
ご飯とみそ汁、おかず一品と漬物という粗食が
定番であった。

75年になると食材も献立も一気に豊富になる。
肉、パン、牛乳が日常的に飲食されるように
なった時代です。

80年になると食の欧米化が一気にすすんだ。
歴史的に油をほとんどとらない日本民族に
とって急速にふえた脂っぽい食事に日本人の
体が追いついていなかった。

食の欧米化は2000年をピークに穏やかに下降
している。昔の食事法への関心も高まったきた。

posted at

2017年11月

2017年11月29日

2017年11月28日

2017年11月27日

2017年11月26日

2017年11月25日

2017年11月24日

2017年11月23日

2017年11月22日

2017年11月21日

2017年11月20日

2017年11月19日

2017年11月18日

2017年11月17日

2017年11月16日

2017年11月15日

2017年11月14日

2017年11月13日

2017年11月12日

2017年11月11日