2016年01月09日

五十才ぐらいから磨きあげるがよい

「葉隠機(18)
山本常朝 1659-1721
jyohtioh yamamoto
奈良本辰也、駒敏郎訳

2006.6.10 発行(中公クラシックス)

<葉隠聞書一>(17)

<五十才ぐらいから磨きあげるがよい>
若いうちは才能があっても、十分に実らず。
他人も信用しないものである。
五十才ぐらいから才能を磨きあげるがよい。

人からは、立身が遅いと思われるくらいの
人が立派な仕事をしている。

<病と気>
病気は気持ちのもちようで重くもなる。

posted at

2016年01月

2016年01月08日

2016年01月07日

2016年01月06日

2016年01月05日

2016年01月04日

2016年01月03日

2016年01月02日

2016年01月01日