2012年12月11日

恐怖は馴れるものである

「死言状」(3)
山田風太郎 1922-2001
fuutaro yamada

2005.12.1 初版第一刷発行(小学館文庫)

<恐怖は馴れるものである>
「(昭和19年)11月29日の真夜中から30日の
未明にかけて、東京はこんどは最初の夜間爆撃
を受けた。
・・・
この夜が、いちばん怖かった。正直なところ、
ガタガタとふるえた。
・・・
しかし、人間は、いかなる状態にも馴れるもの
である。以後、それにまさる大空襲は何十回と
経験し、とうとう町じゅう燃えあがる炎の中を
駆けまわるような目にもあったが、この最初の
夜の空襲以上の恐怖をおぼえたことはない。
・・・
それ以後、・・戦後30年・・・これに匹敵する
恐怖はいちども味わったことはないようだ。」

posted at

2012年12月

2012年12月10日

2012年12月09日

2012年12月08日

2012年12月07日

2012年12月06日

2012年12月05日

2012年12月04日

2012年12月03日

2012年12月02日

2012年12月01日