2008年09月09日

唯物論者--思考することを知らない人達--

ショーペンハウアー 1788-1860
arthur schopenhauer

「ショウペンハウアー全集(6)」(105)
--「意志と表象としての世界(全四巻)」の第二巻補足--(9)


<唯物論者--思考することを知らない人達-->
「唯物論は否応なしに原子論とならざるをえない。これは
唯物論がまだ子供のときに、レウキッポスとデモクリトス
において生じ、老いぼれて、又、子供っぽくなった今日も
う一度、カントの哲学を知らなかったためにフランス人達
において、またすでにこの哲学を忘れてしまったドイツ人
達において生じたのである。」

(第二十四章 物質について)

posted at

2008年09月

2008年09月08日

2008年09月07日

2008年09月06日

2008年09月05日

2008年09月04日

2008年09月03日

2008年09月02日

2008年09月01日