2007年08月31日

代数学のはじまり

岡潔1901-1978
kiyoshi oka
小林秀雄1902-1983
hideo kobayashi

昭和40年(1965)の対談

対談「人間の建設」(5)

<代数学のはじまり>
小林「岡さんの数学は・・・何学というのですか。」

岡「解析学、・・数学は大きく分けて幾何学と
代数学と解析学とあります。・・・
解析学が一番古いのです。」

小林「代数学とはどう違うのですか。」

岡「四則つまり加減乗除と根号に開くことを使って、
一つの数から他の数を作る操作をする。・・・
例えば、五次方程式は代数的には、即ちこういう
オペレーションだけでは、解けないというような
事実が十九世紀になってアーベルによって発見
されたのです。それからあと、そういう特別な
ものだけを詳しく調べようという研究が起った。
これが代数学なのです。
解析学の中で代数函数といわれたものだけを
取り出して、それを対象にして代数学というものを
作ったのです。アーベルの発見が契機になったの
です。」

posted at

2007年08月

2007年08月30日

2007年08月29日

2007年08月28日

2007年08月27日

2007年08月26日

2007年08月25日

2007年08月24日

2007年08月23日

2007年08月22日

2007年08月21日

2007年08月20日

2007年08月19日

2007年08月18日

2007年08月17日

2007年08月15日

2007年08月14日

2007年08月13日

2007年08月12日

2007年08月11日