2004年06月20日

健康一番

ショーペンハウエル1788-1860
Arthur Schopenhauer

「人のあり方について」
(幸福について)


「最大の愚行は、何事のためにもせよ、
自己の健康を犠牲にすることである。
利得のためにせよ、栄達のためにせよ、
学問のためにせよ、・・・」

「すべて優れた人間は憂鬱である。」
(アリストテレス)

浪費による貧困を「最も安全に防ぐ道は、
内面の富、精神の富である。
なぜかといえば、精神の富は、それが
優秀の域に近づけば近づくほど、退屈の
はびこる余地を残さないからである。」

「精神活動を伴わぬ余暇は死であり、
人間の生きながらの埋葬である。」
(セネカ)

「俗物とは、精神的な欲望をもたない人間である。」

panse280
posted at 21:07

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字