2005年04月17日

女の打算は、男の裏切りへの対抗策

モンテーニュ1533-1592
Michel Eyquem de Montaigne

「エセー」(51)


<どんな女も魅力的である>
「どんなに不器量に生まれついた女でも、自分をきわめて
魅力的だと思わない者はいない。
また、年が若いとか、笑い顔がいいとか、挙措動作が美し
いとか、どこかに、自慢するものをもたない女もいない。
・・・
実際、何もかも完全に美しい女がいないと同じように、何
もかも完全に醜い女もいない。」

<女の打算は、男の裏切りへの対抗策>
「男から愛を誓われてすぐに真に受けないような女はいない。
ところで、今日のように、男たちの裏切りが普通で当たり前
になると、すでにわれわれが経験で知っているようなことが
必然的に起こってくる。
・・・
つまり、プラトンの中のリュシアス(プラトン「パイドロス」)
の説くところに従って、男達の真の愛情が少なければ少ない
ほど、利益と打算ずくで、身を任せてもよい、と考えるのであ
る。」


panse280
posted at 19:24

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字