2005年04月13日

女性にすすめる学問とは

モンテーニュ1533-1592
Michel Eyquem de Montaigne

「エセー」(47)

<ふさわしい、ということ>
「もっとも良い仕事というのはもっとも無理のない
仕事である。・・・「自分の能力に応じて」とは、
ソクラテスの好んで口にした文句であり、きわめて
内容のある言葉である。」

<女性にすすめる学問とは>
「よい生まれつきのご婦人方は、もしも私の言うこ
とを真に受けて下さるなら、自分に特有な、天性豊
かな美質を発揮するだけで満足すべきである。・・
彼女らの美しさは技巧の下に埋没し去っている。
<化粧箱から出てきたようにめかし込んで>これは
彼女らが自分を知らないからである。
この世に女ほど美しいものはない。・・・
彼女らが修辞学とか、占星術とか、論理学とか、そ
の他これに類した、彼女らの役にたちそうもない下
らぬしろものに没頭しているのを見ると、私は、こ
れをすすめた男達がこれを口実に彼女らを支配しよ
うとしているのではないかと心配になる。
・・・
だが、もしも、何事によらず、われわれ男性にひけ
を取ることが癪だというなら、そして、好奇心から、
書物を読んでみたいというなら、詩こそは彼女らの
要求にふさわしい楽しみである。
詩は彼女らとおなじく、浮気で、繊細で、おしゃれ
で、おしゃべりで、面白ずくめ、はでずくめの芸術
である。
また、歴史からもいろいろな利益を引き出せよう。
哲学では、実生活に役立つ部分から、われわれ男性
の気質や性格を判断し、男性の裏切りから身を守り、
彼女ら自身の軽率な欲望を規制し、気儘を抑制し、
人生の喜びを延ばし、召使いの気まぐれや夫の横暴
や年齢や皺の不幸やその他に柔和に堪えるように訓
練してくれる所説を学びとればよい。
学問のうちで、彼女らにふさわしいものとして私が
選ぶものは、せいぜい以上のようなものである。」


panse280
posted at 23:13

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字