2005年02月24日

判断の不定

モンテーニュ1533-1592
Michel Eyquem de Montaigne

「エセー」(7)

<われわれの判断の不定なことについて>
「何事にも賛否はいくらでも言える」
(ホメロス「イリアス」20-249)


誤った考えが成功し、思慮深い考えが間違う
ことがある。運命はかならずしも正しい道理を
認めないし、それに値するものを助けるとは限
らない。」(マニリウス4-95)

「我々はでたらめに、無思慮に理性を働かす。
われわれの理性も、われわれと同様に、偶然と
密接なかかわりをもつからである。」
(プラトン「ティマイオス」)

<酩酊について>
「プラトンは18歳未満の少年に酒を飲むことを
禁じ、40歳未満の者に酔っ払うことを禁じてい
る。しかし、40歳を過ぎた者には、大いにこれ
を楽しむことを命じ、食事の中にたっぷりとディ
オニュソス(酒神バッコス)の感化をまぜるこ
とを命じている。」


panse280
posted at 22:31

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字