2005年02月22日

快楽の資格

モンテーニュ1533-1592
Michel Eyquem de Montaigne

「エセー」(5)

<no42 われわれの間にある差異について>
「もしも精神が卑しく愚かな人間だったら、それが
何になるか。快楽も幸福も、生気溌剌たる精神がな
くては感じられない。」

「満ち足りて、思いのままになる恋愛は、過度の美
食が胃をこわすように、うとましい」
(オウィディウス「恋愛詩」2-19-25)

「豊富ということほど、楽しみの妨げとなり、人を
不快にするものはない。」
(カルコンディラス「東ローマ帝国衰亡史」3-13)

「プルタルコスはどこかで、動物相互の間には、人
間相互の間にあるような大きな差異はないと言って
いる。・・・私はプルタルコスに輪をかけて、人間
相互の間には人間と動物の間における以上の差異が
ある、と言いたい。」

「健康や、美貌や、体力や、富や、その他、善と称
せられるすべてのものは、正しい者には善となるが、
不正なものには悪となる。」(プラトン「法律」)

panse280
posted at 20:48

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字