2005年02月15日

コンピュータの進化

「量子コンピュータ」
--コンピュータの歴史--

通常のコンピュータで数十億年かかる計算が量子コン
ピュータでは瞬時に解ける。


コンピュータの進化で思い出すのは

1 1969年アポロ11号の月着陸
2 ディープ・ブルー(チェスの世界チャンピオンを破る)


<1969年アポロ11号の月着陸>
--アメリカ合衆国大統領 J・F・ケネディの演説--
我々は月へ行くという選択をした。
60年代が終わるまでに月へ行く。
困難であるが故の選択だ。
我々の漕ぎ出す海には得るべき新しい知識と勝ち得るべき権利がある。
人類の発展のため それらを手に入れねばならない。
我々は38万キロ彼方の月に向けて
ヒューストンからロケットを打ち上げる。
ロケットは全長90メートル余り、新しい合金で作られ、
かつて無い高熱と高圧に耐えられるものとなる。
精巧な時計より更に精密な技術を持って組み立てられ、
推進・誘導および生活に必要な全ての機材が組み込まれる。
未知の天体への未踏の飛行のために、
人類の歴史上最も危険で最も大規模なこの冒険に、
神のご加護があらんことを。

現在のパーソナル・コンピュータは、1970年代の大型コン
ピュータをはるかにしのぐ性能を持ちながら、その値段は
1万分の1、大きさは1000分の1になっています。
1969年7月20日、アポロ11号が人類初の月着陸船に載せら
れていたコンピュータの性能は、現在の家庭用ゲーム・マ
シンの足下にも及ばないほどです。」
(坂村健「痛快!コンピュータ学」1999.11)

1969年 アメリカでパーソナル・コンピュータの発売。
1971年 UNIX登場。
1977年 Apple興蕕瓩討離灰鵐團紂璽薪仂譟
1978年 日本初の日本語ワードプロセッサーが発売。


<ディープ・ブルー>
ディープ・ブルーはIBMが開発したチェス専用のスーパ
ーコンピュータでチェスの世界チャンピオン、ガルリ・
カスパロフを打ち負かすことを目標に制作された。

ディープ・ブルーは、32プロセッサー・ノードを持つ
IBMのRS/6000 SPをベースに、チェス専用VLSIプロセ
ッサを512個を追加して作られた。プログラムはC言語
で書かれ、OSはAIXが使われ、1秒間に2億手の先読み
を実行できた。
過去に2回の対戦が行われ、1回目(1996年2月)はカス
パロフが2勝1敗3引き分けで勝利、2回目(1997年5月)
には使命を果たす形で6戦中2勝1敗3引き分けでディー
プ・ブルーが勝利した。

2004年現在では、一般消費者向けのチェス対局ソフト
が人間のトッププレーヤーに匹敵するようになってき
ている。

「量子コンピュータへの誘い」(石井茂)
「量子コンピュータとは何か」(ジョージ・ジョンソン)


panse280
posted at 21:55

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字