2005年01月15日

女のヒステリー

岡本かの子1889-1939
kanoko okamoto

「仏教人生読本」(1)

ヒステリーは医薬で治療することができない。


仏教人生読本

<女のヒステリー>
「いわゆる女のヒステリーは、愛欲の変形であります。
何ものをも惜しみ奪わんとする情欲と、気に入らぬも
のをことごとく排斥せんとする感情の入り交ったもの
です。
他人の功績を嫉み、自分がそれに及ばぬのを口惜しが
り、人々に愛されぬのを不満に思い、常に自分が悪評
され、世間から除外されるのを気づかい、一日一刻た
りとも気を落ち付けて過すことが出来なくなります。
こうしたヒステリーは、大抵結婚した女に多いのであ
ります。」

医薬で治療することができないヒステリー治療に岡本
かの子は「信仰」を奨めます。
古今多数の開祖、名僧たちは大抵その欲望、煩悶が人
一倍強かった人たちだから、その教えの中から自分の
性質にあったものを選びなさい、と。

panse280
posted at 16:17

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字