2004年06月17日

評価が真っ二つに分かれる作家

清涼院流水1974-
ryusui seiryoin

「評価が真っ二つに分かれる作家」


処女作「コズミック」をはじめとする彼の作品
キャラクターは、コミケ(コミックマーケット)
でも抜群の人気を誇っている。

この作家は、10代の読者に強い支持を受けて
いる反面、先行するミステリー作家たちの反発
を買っている。

今、ミステリー新世代は、京極夏彦、森博嗣
そして、清涼院流水であり、その共通項は、
”萌え要素”である。
新世代3人の中で、最も批判されているのが
清涼院流水氏である。その名前も、一番いかがわしい。


コズミック流


清涼院流水氏の文章は、立体的で、ある時は、ニーチェの「ツアラツストラはかく語りき」を彷彿させる。
(例:「カーニバル」の由比賀独尊(ゆいがどくそん)キャラなど)
それは、大傲慢(好ましい自信として)なる視点の高さからきている。

彼の文章から立ち上がってくる精神は、赤川次郎や羽生名人とどこか似ている。
つまり、若年層から支持される明快さと、新時代の感性である。
そして、この「新しさ」は、京極、森両氏にはないものである。

”考える愉しみ”としては、評価が分かれる、ということ自体が、興味津々なのである。

追記:舞城王太郎と清涼院流水は、一体どんな関係?(九十九十九)

panse280
posted at 11:50

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字