2004年12月19日

危うい所に近づくは愚かなり

塚原ト伝高幹1489-1571
tukaharabokudentakatomo

「鹿島新当流」

<危険を避ける心がけが肝要>

あるとき弟子がつないであった馬の後ろを
通ると、突如、馬が跳ねて蹴りつけた。
弟子は見事にその蹴りをかわした。
それを聞いたト伝は、「秘伝(一の太刀)
を授く器にあらず」とつぶやいた。
(「常山紀談」)

危うい所に近づくは愚かなり。

panse280
posted at 22:53

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字