2004年12月16日

恋愛のない社会

コリン・ウイルソン
colin wilson 1931-

「プラトンと性の幻想」

コリン・ウイルソンの一連の”性”ものを読む
とき、プラトンと合わせて読むと興味深い。


<プラトンの愛についての補足として>
「愛をめぐるプラトンの対話篇は、私の心を捉えつ
づけた。やがて私は、自分なりの仕方で愛について
語り始めた。最初は「性の衝動」や「性のアウトサ
イダー」で、もっと最近では小説「吸血鬼の変身」
で。べつにプラトンに反論するつもりはない。ただ
現代の生物学に照らして、プラトンが言わんとして
いたことに補足を加えているだけだ。」


「アテネの都市国家では、国政や社会で主だった
役割を果たす女性は一人もいなかった。未婚既婚
を問わず、女性たちは家に閉じこめられていたの
だ。」

色事を求める男性には、売春婦のポルナイ(ポル
ノという言葉はこれに由来する)が用意されてい
た。愛人が欲しければ、金を払って、数日、数週
間でも家に連れて帰ることができた。

「つまりアテネでは、若い男が隣の女の子と、ロ
ミオとジュリエットふうの切ない恋に落ちる機会
などまるでなかったのである。」

「これらの知識は「饗宴」(プラトン)に出てくる
男同士の愛を理解する上で重要である。」


panse280
posted at 20:16

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字