2004年12月11日

行動学

宮本武蔵1584-1645
musashi miyamoto

「五輪書」

心を広く、ひっぱらず、たるまず、偏らず、心静
に、我が身のひいきをせず、広き所に知恵を置き
、心を磨き、天下の理非をわきまえ、物事を善悪
を知り、心不動にせよ。

五輪書

<兵法心持の事>
「兵法の道において心の持ようは常の心にかはる事な
かれ、常にも兵法の時にも少もかはらずして心を広
く直にして、きつくひっぱらず少もたるまず、心の

かたよらぬやう心をまん中におきて心を静にゆるが
せて、其ゆるぎのせつなもゆるぎやまぬやうに能々
吟味すべし、静なる時も心は静かならず、何とはや

き時も心は少もはやからず、心は体につれず体は心
につれず、心に用心して身には用心をせず、心のた
らぬ事なくして、心を少しもあまらせず、うへの心

はよわくとも、そこの心をつよく、心を人に見わけ
られざるやうにして小身なるものは、心に大きなる
事を残らずしり、大身なるものは心に小きことをよ

くしりて、大身も小身も、心を直にして、我身のひ
いきをせざるやうに心をもつ事肝要也、心の内にご
らず、広くして、ひろき所へ智恵を置くべき也、智

恵も心もひたとみがく事専也、智恵をとぎ、天下の
理非をわきまへ、物毎の善悪をしり、よろづの芸能、
其道々々をわたり、世間の人にすこしもだまされざ

るやうにして後、兵法の智恵となる心也、兵法の智
恵において、とりわきちがふ事有るもの也、戦の場
萬事せわしき時なりとも、兵法の道理をきわめ、う
ごきなき心能々吟味すべし。」


panse280
posted at 18:14

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字