2004年12月04日

少女--どこまで行っても清冽な浅瀬

芥川龍之介1892-1927
ryunosuke akutagawa

「侏儒の言葉」(2)

芥川は黒が似合う作家である。
ブランド品が似合わない作家である。
芥川の文章は古酒にもにて、静かでまろやか
である。

<文>
「文を作らんとするものはいかなる都会人で
あるにしても、その魂の奥底には野蛮人を一人
持っていなければならぬ。」
続きを読む

panse280
posted at 11:01

2004年12月03日

2004年12月02日

2004年12月01日

2004年11月30日

2004年11月29日

2004年11月28日

2004年11月27日

2004年11月26日

2004年11月25日

2004年11月24日

2004年11月23日

2004年11月22日

2004年11月21日

2004年11月20日

2004年11月19日

2004年11月18日

2004年11月17日

2004年11月16日

2004年11月15日

2004年11月14日

2004年11月13日

2004年11月12日

2004年11月11日

2004年11月10日

2004年11月08日

2004年11月07日

2004年11月06日

2004年11月05日

2004年11月04日