2005年03月05日

賢いという禍

モンテーニュ1533-1592
Michel Eyquem de Montaigne

「エセー」(14)


<賢いという禍>
「あまりに賢すぎないことは大きな幸いである」

「考えるところには、けっして楽しい生活がない」
(ソフォクレス)

「知識が多ければ苦痛も多い」
(「伝道の書」)

「単純な者と無知な者は高められて天国を得るが、
われわれは知識のゆえに地獄の深淵に落ちる」
(聖パウロ)アグリッパ「学問のむなしさと不確か
さについて」

「無知なるものがかえってよく神を知る」
(聖アウグスティヌス「秩序について」)

「神々の御業を知るよりも信ずるほうが、いっそう
神聖で敬虔である」(タキトゥス「ゲルマニア」)

「神は徳にも不徳にもひとしくかかわりがない」
(アリストテレス「ニコマコス倫理学」)

「神は愛情にも怒りにも動かされない。なぜなら、
こういうものはすべて弱い者に属する特性である
から」(キケロ「神々の本姓」)


panse280
posted at 10:40

2005年03月04日

2005年03月03日

2005年03月02日

2005年03月01日

2005年02月28日

2005年02月27日

2005年02月26日

2005年02月25日

2005年02月24日

2005年02月23日

2005年02月22日

2005年02月21日

2005年02月20日

2005年02月19日

2005年02月18日

2005年02月17日

2005年02月16日

2005年02月15日

2005年02月14日

2005年02月13日

2005年02月12日

2005年02月11日

2005年02月10日

2005年02月09日

2005年02月08日

2005年02月07日

2005年02月06日

2005年02月05日

2005年02月04日